ニキビケア 洗顔

ニキビに効果のある洗顔の方法とは?

にきびができたら、とにかく触らないのが鉄則です。

 

毛穴に詰まった汚れが化膿している状態なので、触るとさらに菌が入り悪化してしまいます。

 

あまり大きくなると後に傷が残ってしまいますから、小さいうちに治すのが一番です。

 

朝と夜の洗顔は「泡で洗う」が基本です。

 

しっかりとした固い泡を作って、くるくると円を描くように洗います。

 

小鼻の周りなど気になる部分は薬指一本で洗うといいでしょう。
最後に石鹸が残らないようにしっかり流すようにします。

 

そして回数ですが、普段朝晩の2回洗顔しているなら、にきびのある時は4回洗いましょう。

 

朝と夜は石鹸を使って、後の2回は水だけで洗います

 

このときも手でこすらないように、水をパシャッとかける程度に洗います。

 

顔全体を洗うのが難しいならにきびのある部分だけでもかまいません。

 

私は小さなスプレー容器を持ち歩いて、洗面室でシュッシュッと吹き付けるようにして洗います。

 

そして清潔なタオルでそっとふきます。
この『そっと』が肝心です。

 

決してごしごしこすったりしないでくださいね。

 

毎回石鹸を使っていると皮脂を落としすぎてしまいますし、きれいに落ちないで石鹸の成分が肌に残っているとにきびが悪化することもあるので、よくありません。

 

水スプレーでこまめに汚れを落として、炎症を広げないというのが手軽で出先でもできる方法なのでおすすめですよ。

関連ページ

ニキビのできる肌質別の洗顔の仕方とは?
ニキビ肌にもオイリー肌も乾燥肌もあります。肌質別のニキビに効く洗顔の仕方を解説します。
大人ニキビを改善しよう!肌質別のスキンケア方法とは?
にきびができるといえばオイリー肌と思いがちですが、そんなことはありません。にきびにも肌質別のお手入れが必要ですよ。