ニキビ 肌質別

ニキビを100%改善する肌質別スキンケア!

気になるにきびのケア、どうしていますか?

 

お肌のタイプは人それぞれ。

 

にきびにも肌質別のお手入れが必要ですよ。

 

にきびができるといえばオイリー肌と思いがちですが、そんなことはありません。

乾燥肌でも混合肌でもにきびはできます。

 

オイリー肌の場合

まずオイリー肌のお手入れは丁寧な洗顔から。

 

朝と夜は洗顔すると思いますが、できれば昼間も1〜2回水洗顔しましょう。

 

お化粧していると難しいかもしれませんが、せめてお休みの日にはすっぴんで過ごし、水洗顔をおすすめします。

 

洗顔後にはしっかり保湿。

 

オイリー肌でも水分が不足していることがあるのでしっとりするくらい化粧水を入れましょう。
そしてオイルでふたをします。

 

ふたはあくまで薄くのばしてあげてください。
多すぎると毛穴が詰まってしまいます。

 

乾燥肌の場合

乾燥肌のお手入れも丁寧な洗顔が必要ですが、朝だけ水洗顔がいいでしょう。

 

夜はクレンジングと洗顔料を使いますが、朝は水だけで十分です。

 

汗とホコリまみれになる環境にあれば別ですが、昼間の洗顔も必要ありません。

 

そしてやはりしっかり保湿。
化粧水だけでしっとりするくらいを目安にして5回以上はつけましょう。

 

混合肌の場合

混合肌のお手入れは基本的には乾燥肌と同様に、夜のクレンジングと朝の水洗顔です。
洗顔後の保湿にちょっとひと手間かけましょう。

 

乾燥しているほほや目元から先に化粧水を入れていき、ぬれた手でオイリーな部分を保湿していきます。

 

化粧水でしっとりするくらいしっかりと入れてほしいのですが、よりしっとりさせたい場所から入れることで部分的な差がなくなります。

 

乾燥肌も混合肌も化粧水後のオイルは薄くつけましょう。

 

肌別のお手入れはちょっとしたひと手間が大切です。

 

 

関連ページ

ニキビに効果のある洗顔の方法とは?
ニキビを改善するには洗顔も大切です。ニキビケアと正しい洗顔方法について調べてみました。
ニキビのできる肌質別の洗顔の仕方とは?
ニキビ肌にもオイリー肌も乾燥肌もあります。肌質別のニキビに効く洗顔の仕方を解説します。