ニキビケア 家にあるもの

ニキビを家にあるもので簡単ケアする方法!

どこにも行かずに家にある物だけでケアする方法があります。

 

よくにきびをつぶしてしまう方がいらっしゃいますが、おすすめしません。

 

初期ならともかく進んでしまったにきびは皮膚の内部までダメージを残しているので、つぶしたときに内部まで傷ついてしまいます。

 

結果ブツブツのお肌になってしまいます。

 

そもそもにきびがどうしてできるかと言うと、脂の多い物を食べ過ぎていたり、消化しきれなかった物が腸に詰まっていると考えられます。

 

まずはそれをすっきり出してしまいましょう。

 

おすすめはごま油やオリーブオイルを飲むこと。

 

温かいスープや味噌汁に大さじ1〜2杯入れて飲むと、自然なお通じをえられます。

 

腸がきれいになると老廃物を出すことができますから、にきびができる心配がなくなります。

ニキビ,治す,方法,改善,予防,化粧水,化粧品,ケア,効果,治し方

 

今あるニキビをきれいにするには炎症を抑えることが大切です。

 

 

炎症を鎮めるケアはお茶のパックやハチミツパックです。

 

抗炎症作用のあるこれらをにきびの部分に当てて、5分ほどパックしてみてください。

 

水で流したあとはきちんと保湿をしてオリーブオイルをつけましょう。

 

 

薄くつけるだけでにきびを鎮静し、保湿の効果が期待できます。

 

よくにきびを取りたいばかりにピーリングをする方がいますが、おすすめできません。

 

炎症している部分を傷つけるとさらに菌が入り込みやすくなりますし、にきび以外のお肌の角質を取り除いてしまうので、乾燥の原因にもなります。

 

体の中からと、外から、両方からの自然なケアできれいなお肌を目指しましょう。

 

 

>>トップページ