ニキビケア 悪化

ニキビを悪化させないために大事なこと。

ニキビ悪化,ニキビ 炎症,ニキビを治す方法,

にきびは皮脂腺に脂や汚れがつまり炎症をおこした状態をいいます。

 

初期のにきびなら痕も残らないのですが、赤くなっていたり黄色くなっているにきびをつぶしてしまうと、皮膚の内部までダメージが残ってしまいます。

 

これがぶつぶつの痕の元になってしまいます。

 

このときに皮脂を取り除こうとして洗浄力の強い洗顔料を使ってこすったり、1日に何度も洗顔してしまうと、肌を守るために必要な油まで根こそぎ取ってしまって悪化することがあります。

 

こうなると弱った皮膚に原因となるアクネ菌が入り込み、さらに広がってしまうことにもなるのです。

 

そうならないためにもきちんとしたケアを覚えましょう。

 

まずにきびができても決して触らないこと。

刺激となる髪の毛もなるべく触れないような髪形にしましょう。

 

次に洗顔の仕方を変えましょう。

使う洗顔料は保存料や香料、着色料の入っていない自然の物を選びます。

 

しっかり泡立てて顔全体にのせたら、薬指だけを使ってくるくると気になる部分を洗います。

 

指一本で優しくなでる感覚ですね。

 

 

洗顔料が残らないようにしっかりと水で流すことも忘れないで。

 

皮膚に残った洗顔料で悪化することもあります。

 

 

もし面倒くさがり屋さんで何回も流すのが嫌なら、洗顔料は使わないほうがいいかも。

 

その代わりに水だけで1日2〜3回洗うほうがよほどいいですよ。

 

お化粧をしていると洗顔しないわけにはいきませんが、にきびのケアにはすっぴん、水洗顔が一番!くらいに思っていていいです。

 

要はシンプルケアを目指しましょうってことなんです。

 

アレコレ使うと、よけい肌に負担がかかるんです。

 

 

本気で今の肌をクリアに一新したいなら、このシリーズが効きますよ。

 

 

>>トップページ