ニキビ 早く治す

一日でも早くニキビを治すには?

気になるにきび、早く治したいですよね。

 

そんなときには決して触らない、いじらない、食べ過ぎない、を心がけましょう。

 

にきびは毛穴に詰まった汚れにアクネ菌が繁殖した物です。

 

 

思春期には皮脂の分泌が盛んになるので毛穴が詰まりやすくなるのですが、通常のにきびであれば腫れたり熱を持ったりする前に肌に吸収されます。

 

しかし手で触ったりつぶそうとしていじったりすると、さらに菌が繁殖してしまうので悪化することがあります。

 

あまりひどく腫れると膿が出た後に皮膚が陥没した状態になってしまうので、悪化する前に治すのが鉄則となります。

 

 

皮膚科に行くとアクネ菌の増殖を止める塗り薬を処方してくれるので早めに受診して薬を持っておくと安心です。

 

受診する時間がない!という人には、こちらのページで紹介したオロナインか紫雲膏がオススメです。

 

>>ニキビのための塗り薬、効果の高いおすすめはこの2種類!

 

個人的には紫雲膏のが効果が高いように思います。

 

漢方ベースなので肌にも優しいですしね^^

 

私はニキビができてしまったら、悪化する前に紫雲膏を夜寝る前にニキビの上に塗っています。

 

そうすると、たいてい朝には腫れが引いているんですよ。

 

 

プラス、食事に気を配ることも大事です。

 

結局、体の中が炎症を起こしていてもニキビはできるので、食事抜きにニキビの改善はありえないです!

 

食事の時は、一緒に野菜を食べることを忘れないでください。

 

それも肉や魚を食べたらその3倍は野菜を食べる、と覚えておきましょう。

 

例えばキャベツやブロッコリーを蒸してポン酢で食べるとカサが減るのでたくさん食べられます。

 

野菜ジュースは砂糖もたくさん入っているので、できれば野菜そのものを取るほうがいいでしょう。

 

ちなみにハンバーガーのお供であるポテトは野菜に含みません。

 

ポテトもにきびにはよくありません。

 

自分では脂っこくないと思っていても、スナックも脂がたくさん使われています。

 

しばらくはスナックも控えるほうがいいでしょう。

 

友達と楽しく食べるのは1週間に一度くらいにしておいて、普段の食事はごはんを基本に食べるようにしてくださいね。

 

 

ポツポツとニキビができている状態を通り越して、肌全体が真っ赤に炎症を起こしている・・・、そんな時はニキビに特化したテクノロジーを使ったb.glen(ビーグレン)がかなり効きます。

 

>>b.glen(ビーグレン)の詳細はコチラ

 

お試しセットでも効果を感じるので、使ってみるといいですよ。

 

 

>>トップページ